羽曳野市にてカラーベストの屋根カバー工法・雨樋交換

施工実績

羽曳野市にてカラーベストの屋根カバー工法・雨樋交換

先日、羽曳野市にてカラーベストの屋根カバー工法行いました。
本日はそちらの様子をお送りいたします。

まずは施工前の様子です。

施工前の様子 施工前の様子 施工前の様子 施工前の様子 施工前の様子 施工前の様子

大屋根に関しては、大きな破損や雨漏りなどの被害は無いものの、屋根表面の経年劣化が進んでいるのが見受けられます。
また、下屋根は建物の陰になる箇所になることから、水が乾きにくく大屋根より劣化が進み、表面にはコケが生えている状態です。
ただ、大屋根も下屋根も屋根下地にまでは大きな被害は出ておりませんでした。
もし下地にまで被害が及んでいる場合は、カバー工法ではなく屋根葺き替え工事を選択しなければなりません。
その意味で、下地に被害が出る前に施主様が屋根修理をご検討されたのは、非常に適切なタイミングだったと言えるでしょう。

まずは大屋根にルーフィングを張っていきます。

大屋根にルーフィングを張っていきます 大屋根にルーフィングを張っていきます 大屋根にルーフィングを張っていきます 大屋根にルーフィングを張っていきます 大屋根にルーフィングを張っていきます

続いて、下屋根にも同様にルーフィングを張り、止水テープで施工していきます。

下屋根にも同様にルーフィングを張り、止水テープで施工 下屋根にも同様にルーフィングを張り、止水テープで施工

止水テープには通常のテープとは違い防水効果があるため、撥水効果が期待できます。
水が付着しても劣化が少なく、屋外の雨が当たる部分や雨漏り箇所にも自由に使うことができます。

次に、隅棟屋根材立ち上げ用として下地木材取り付け、捨て水切り板金を施工していきます。

下地木材取り付け、捨て水切り板金を施工 下地木材取り付け、捨て水切り板金を施工

また、棟違い部分はガルバリウム板金納めになっています。
納めとは、建材の取り合い部分のことを差したり、取り付け具合や仕上がり具合等を指す言葉です。
職人の間では、「納まりが良い」とか「納まりが良くない」などと言ったりもします。
屋根で言えば軒先やケラバ、雨押えや谷、棟など違う建材の取り合う箇所や違う部材を取り付ける箇所に用いられる言葉になります。

これにて大屋根の施工が完了です。

大屋根の施工が完了 大屋根の施工が完了 大屋根の施工が完了 大屋根の施工が完了 大屋根の施工が完了

そしてこちらが下屋根の施工完了の様子です。

下屋根の施工完了の様子 下屋根の施工完了の様子 下屋根の施工完了の様子 下屋根の施工完了の様子 下屋根の施工完了の様子

今回使用した屋根材は、輝匠建業では使用することが多く、お客様からの評判も非常に良いニチハ株式会社の「横暖ルーフα S」です。
また今回は、カバー工法後に雨樋交換も行っております。

カバー工法後に雨樋交換 カバー工法後に雨樋交換 カバー工法後に雨樋交換 カバー工法後に雨樋交換 カバー工法後に雨樋交換 カバー工法後に雨樋交換

輝匠建業では、現在の屋根の状態に合わせて適切な屋根リフォームの方法をご提案し、確かな技術で施工いたします。
羽曳野市をはじめ、大阪での屋根修理・カバー工法は輝匠建業にお任せください!

泉大津市を中心に、大阪府全域対応!

輝匠建は泉大津市を中心に、大阪府全域対応可能です!
お問い合わせやご相談、現地での屋根診断やお見積もりは初回無料!
もちろん2回目以降の現地調査も可能ですので、ご希望の方はお気軽にご相談ください!
(2回目以降の現地調査については出張費要相談とさせていただきます。)

輝匠建は泉大津市を中心に、大阪府全域対応可能