大阪府狭山市にてスレート屋根カバー工法工事

施工実績

大阪府狭山市にてスレート屋根カバー工法工事

先日、大阪府狭山市にて行ったスレート屋根カバー工法工事の様子をお届けいたします。

スレートの屋根材が劣化し、数枚割れている以外には特に大きな被害は見られず、比較的状態の良い屋根であったためカバー工法で施工します。

 

まずは、既存の屋根から役物を撤去後、改質ゴムアスファルトルーフィングを張っていきます。

下屋根など、壁が干渉する箇所は防水テープ等を使って特に念入りにルーフィングを施工します。

続いて、屋根材本体を施工します。

屋根面と屋根面のつなぎ目部分で、水が溜まりやすい部分を「谷」といいます。この谷は雨漏りする確率が非常に高いため、純正の谷板板金を使用し、漏水を防ぎます。

 

 

さらに谷部の切り口には、見切り縁を付け、防水性、意匠性を高めます。

「見切り縁」とは、天井や壁など、異なる部分が接する部分に設置する部材のことです。

本体が葺き終わりましたら、壁際の仕舞いをしていきます。
雨押さえ板金を付け、壁際の立ち上がりには変性シリコンを綺麗に施工します。

雨押さえ板金は、下の写真のように屋根の軒先や壁際に設置する板金のことで、軒先や壁際にこの水切り板金を付けることにより、隙間からの水の侵入を防ぐ役割があります。

これにて、大屋根・下屋根ともに施工が完了しました。

スレート屋根の寿命はおよそ30年前後だと言われております。

古くなったカスレートを全面改修する場合は「カバー工法」もしくは「葺き替え」を選択することになります。
当然ですが、理想のリフォーム方法は「葺き替え」です。
古いカラーベストを全て剥がして、新しい屋根材に張り替える工事が最善の工事方法です。

ただし、カバー工法は予算と工期を抑えて工事をおこなうことができます。
特にアスベストが入っているカラーベストの葺き替え工事費用はかなり高額になります。
そのため、費用対効果や将来求める屋根(住宅)の耐用年数などを考慮し、カバー工法を選択されるお客様の方が多いのが実情です。

 

この度は輝匠建業にご依頼いただき誠にありがとうございました。

狭山市をはじめ、大阪府の屋根工事・雨漏り修理は輝匠建業にお任せください!

泉大津市を中心に、大阪府全域対応!

輝匠建業は泉大津市を中心に、大阪府全域対応可能です!
お問い合わせやご相談、現地での屋根診断やお見積もりは初回無料!
もちろん2回目以降の現地調査も可能ですので、ご希望の方はお気軽にご相談ください!
(2回目以降の現地調査については出張費要相談とさせていただきます。)

輝匠建業は泉大津市を中心に、大阪府全域対応可能